タクシー乗務員、3つの気楽なところ

  1. 人間関係のストレスが少ない
    普通のサラリーマンの様な、会社内における、上司・部下との人間関係によるストレスや、会社内飲み会などへの参加のストレス、営業先など、会社外の人間関係のストレスなどが極端に少ない。
  2. 人と接するのが苦手な方でもOK!
    タクシー乗務員は接客サービス業です。しかし、普通のサービス業と違い、商品を販売したり、お客様へご来店の勧誘をするなどの接客・営業は一切ありません。来店の勧誘などは一切ありません。お客様を、目的地へ安全に、最短距離で、確実にお送りすることが一番大事な仕事で、その間、お客様に快適に乗車していただく為に、最低限のマナーと言葉遣いで接客していただくだけです。人と接するのが苦手な方でも大丈夫です!
  3. 一人で黙々と仕事をする人が向いている
    タクシーの乗務員は、朝点呼を受けた後は自分で仕事をする時間を決めて、自分で休憩のタイミングを決めて、自分で行先を決めて仕事を進めます。
    会社内の煩わしい人間関係がダメな人で、黙々と仕事をする方は非常に向いていると言えます。自己管理をしっかりして自分のペースで仕事をしましょう!

タクシーの乗務員に必要な、3つのスキル

  1. 安全運転
    一番必要なスキルです。ですが、決して難しいことではございません。
    ●道路交通法、いわゆる交通ルールを厳守する事。交通ルールは運転における基本的な約束事で、これを破ると事故に直結する事になります。
    ●スピードの出し過ぎは絶対しない事。スピードの出し過ぎは事故に繋がるだけでなく、事故が起きた時は重大な事故に直結します。
    ●運転マナーを守る事。運転をしてると他人の運転が気になる事も有ります。そのような時もイライラせず、冷静に運転できる事が必要です。
  2. 接客
    と言っても、積極的に話しかけてくださいと言うことではありません。
    おはようございます・こんにちは・こんばんは・ご利用ありがとうございました、など基本的なご挨拶や、行先をお聞きし道順を確認する事、お客様がお話された時の簡単な対応などが必要で、その他に特別高いコミュニケーション能力は必要ありません。
  3. 地理
    これは、突然身に付くものではありません。何度も何度も通って覚えていくものです。
    だからと言って、仕事を始める前に走って覚えておかなければならない!と、言うことはございません。仕事を始めて徐々に覚えていけば良い事です。
    今は、タクシーのほとんどに、カーナビゲーションが付いておりますので、心配することもありませんし最初はお客様がご乗車された時「新人ですので、カーナビで行かせて貰います」と言えば、大部分のお客様はご納得されます。
    安心してください。

文化タクシー 3つの安心な所

  1. タクシーの運転が未経験でほんとに大丈夫ですか?お客様を見つける事が出来るのですか?
    本当に大丈夫なんです(笑)。タクシー会社からすると、逆にタクシー未経験の方がすごく教えやすいのです。変に知識や経験が有るよりも、未経験だと教えたことを素直に実践してくれますので、すんなり仕事に慣れてくれるケースが多いのです。
    『お客様を見つける事が出来るの?』と言った不安も在りますが、大丈夫!文化タクシーでは無線業務をすべて福交タクシー無線センターに委託しております。福交タクシー無線センターは、チケット契約数だけで、3,000件以上の顧客を持っており、その他の無線顧客も相当数居る福岡市でもトップクラスの顧客数です。そこから、24時間無線での配車を行っております。また、当社ベテラン教官より、流し・定着営業の仕方、流し営業の時間別ルートなど、細やかな研修も行っておりますので、初心者でも安心して営業できます。
  2. タクシー運転手という職業に、将来への不安があるのですが?
    タクシー乗務員には将来目標に出来る事がちゃんとあります!
    ①個人タクシーを取る!:もちろん当社にずっと勤めて頂き定年(文化では満62歳)後も働ける制度を利用して働いて頂くのが一番嬉しいのですが、ある一定の条件を満たすと個人タクシー試験を受け個人タクシーの認可を受ける事も出来ます。「個人タクシー受験資格HP」は、なかなか簡単に取ることは出来ませんが、タクシー乗務員の多くの人がこれを目指して日々安全運転で頑張っています。
    ②タクシー会社の営業職になる!:今、タクシー会社の営業職の大半は元タクシー乗務員の方がほとんどです。国家資格である『運行管理者』の試験を受けて資格を取るドライバーさんもいらっしゃいます。試験を受けて取得した運行管理者資格は全国どこでも使えますので、どこかのタクシー会社で管理職になる方も居ます。
  3. 初対面の人と狭い空間で一緒になる事に不安があるのですが?
    TVでちょくちょくとタクシーが巻き込まれたニュースを見ることは確かにあります。勿論、会社としても乗務員の安全を確保する為に複数の対策を行い乗務員さんの安全を確保する様に務めております。
    ①全車に防護板の設置:透明度が高く割れにくい防護板を全車に設置し、直接の被害から乗務員の安全を図っています。
    ②全車に車内カメラ付きのドライブレコーダーを設置:車外は勿論、車内も録音機能の付いたドライブレコーダーを搭載してます。事故や車内でのトラブルもすべて録音録画してますので、お客様とのトラブルからも乗務員の安全を図っています。
    ③GPSによる車両位置の把握:文化タクシーでは無線業務を福交タクシー無線センターに委託しております。その無線センターではGPSを使用した配車システムを利用し無線配車をしているので、常に車両の位置も把握してます。各車には、緊急時通報スイッチが全車に付いており、なにかが起こった時は無線センターから該当車両と該当車両の現在位置を警察に通報し対処してもらう仕組みになってます。